ゴルフのテクニック急ブレーキショットについて

プロゴルファーが行うテクニックとして急ブレーキショットがあります。

トーナメントなどをテレビなどで見る事が出来ますが、アプローチ時などにボールに急ブレーキをかけて止める高難易度の技でグリーン面で下り傾斜でピンまでの距離が近い時に有効なショットです。

打ち方としてはクラブフェースを出来るだけ開き、最低でも45度まで開くことが大事です。

左足を下げて、オープンスタンス構えて、そのスタンス通りに振るだけです。

同じような打ち方のロブショットとはボールの位置が異なります。

ロブショットではボールを左足のつま先の前にセットするのが一般的ですが、スピンアプローチではスタンスの中央よりも少し右にセットします。

右足つま先の前ぐらいでも良いです。急ブレーキショットは見た目のインパクトから多くの人が憧れるアプローチショットです。

心構えとしては、ランが出たらピンをオーバーしてしまうと中途半端な気持ちは捨てて、ボールにスピンがかかると信じて打つことが大切です。