ゴルフのスイングは力を抜いて打つ意味

ゴルフでミスショットをしてしまったあとに力が入っていたというお決まりのアドバイスを受けたことは、誰もが1度や2度どころか、数えきれないほどあるはずです。

力みがゴルフスイングの一番の大敵であることは、誰もが知っていることですが、力を抜いて打つという言葉では簡単なことが、実行できるかとなると、これほど難しいことはないというところが、ゴルフの面白いところです。これはレッスンする側にも問題があるといっています。その原因は日本語のニュアンスだそうです。

一番顕著に力みが出る部分といえば、グリップです。強く握ってしまえば、腕、肩にまで力が入ってしまいますよね。そこでグリップをもっと緩く握りなさいとアドバイスすると、力を抜いて握ってしまいます。しかし、実際にはグリップをもっと柔らかく握りなさいとアドバイスするのが正しい教え方なのだそうです。

柔らかいグリップとは、クラブが抜けない程度なので、親指を外してスイングすれば理解することができます。