ゴルフの歴史と日本の普及について

現在では多くの人が趣味として行うゴルフですが、ゴルフの起源はまだ明確になっていません。

イタリアやイギリス、フランスなどのヨーロッパを中心に諸説流れていますが、有力な説としてスコットランド発祥説があります。

14世紀頃にスコットランドでゴルフに似た遊びを始めたのは羊飼いと言われています。

退屈を紛らわすために先の曲がった杖で足元の小石を打ち転がしたところ、たまたま野うさぎの巣の中に入った事がきっかけです。

ゴルフの形の始まりになったと言われています。

GOLFの名称の由来としては有力な説は2つあり、棍棒を意味するオランダ語kolfと打つを意味するスコットランド方言gowfが由来とされるものと言われています。

日本にゴルフがやって来たのは1901年で英国人が兵庫県の所有する別荘の土地に4ホールのコースを造ったところから始まりました。

今では大人気のゴルフですが、日本では浸透力が遅くゴルフの日本人会員はわずか7人でした。