ゴルフのグリーン上での心得です

ゴルフには上がってなんぼという格言があります。

ようするにパターがポイントになるわけです。アマチュアであっても同じことです。

ではどのようにすれば、パターがうまくいくのか説明したいと思います。

まずは距離感です。ピンからボールまでどの程度の距離があるのか歩測するのがいちばんです。

一歩あたりの長さを確認すればすぐに実践に使えます。

次に一方からだけの確認ではなく少なくとも2方向からは勾配を確認しましょう。

よくあることですが、パッティングした後に振り返ると上りと下りを見間違えていたなんてこともよくあると思います。

次にスライスかフックかの見定めです。とにかく、ポイントは自分の感覚、見た目、さらには前に打った同伴者のラインです。仮に同じラインでなくとも速さや転がりは確認可能です。

また、ラウンド前に練習グリーンでスピードをしっかり見定めておきましょう。

きっと実際にグリーンでパッティングする際の参考になりましす。