ゴルフの面白さは道具のこだわり

ゴルフというのは、一般の人はどちらかと言えば取っ付き難いスポーツとも思われがちでっすが、始めてしまえば実に面白く止められなくなるという人もいるようです。

元より、ゴルフはイングランドが発祥の地で、所謂、「紳士のスポーツ」ともいわれているのは御存知でしょう。

確かに、ゴルフを始めた人で大方の人は魅力あふれるスポーツで、楽しさ一杯のスポーツとも言えるのです。 其のゴルフの面白さ、楽しさの一つに、その道具の豊富さにもあるといわれます。 

そうなんですゴルフは道具を用いてするもので、初めにボールを大きく長く飛ばすためのドライバーであり、その次には芝やグリーンまでのホールに近づけるためのアイアン、そして、コース最後のボールをホールに入れるためのパターなどと様々な種類の用具があるのです。 

此のように、釣り好きが釣り竿にこだわりを持つように、ゴルフもそうした道具に拘りを持つことも、ゴルフの面白みの一つであり醍醐味ともなるのです。

此の道具に関しても一様ではなく、例えばアイアン一つとっても、其のヘッド部分が微妙に異なっているもので、そのヘッドの特徴や異なることによって自分の癖や打った際のボールのころがり特性が解りますし、其の金属の材質によってはスイング時の感じも変わってくるとも言われています。