ゴルフのクセの矯正について

ゴルフを通じて感じられる楽しさのひとつの要素に飛距離という要素があります。

初級者レベルのころは、どうしても飛ばしたいという気持ちが強くなりがちになります。そこで、曲がっても良いから飛距離を求めたスイング練習が大事です。飛距離を求めたスイングというのは、しっかりと最後まで振り切るスイングのことで、力を込めるのではなく、シャープなスイングで振り切るということであり、シャープなスイングと振り切ったフィニッシュの2要素を求めることが飛距離を求めることとなるのです。

人の身体特性には、かならずいくつかの種類が存在しています。そんな身体特性に加えて、もうひとつ重要なのが動作パターンの記憶定着という要素です。動作のクセと言われるもので、繰り返し行っている動作がひとつの身体的特性として定着してしまうということです。

ゴルフにおいて、最も大きなクセ要素となるのがスライス体質となるかフック体質となるかということです。