ゴルフのグリーンオン出来るポイントについて

グリーンまでよ距離によって使用するゴルフクラブも短い番手になるので、グリーンに乗せたいと思うものです。

グリーンオンのチャンスの時はしっかり振り切るということが大事ですが、難しいポイントとされ、プレッシャーなどが原因で思ったように打てない事が多いです。グリーン面はアベレージゴルファーがイメージしている大きさよりも大きな面である事をある理解するとストレスやプレッシャーなどの不安要素は軽減されて楽にスイングすることができ、飛距離も安定します。

グリーン面は小さくても縦横30ヤードはあります。ダフってしまったり当たりが薄くてもグリーンを捕らえられます。グリーン面の幅も奥行きもフェアウェイと変わらないと思えば、気分的に楽に打てるようになります。グリーンを狙うショットは視界を広く保つためにピンではなくグリーン全体の幅を大きく見ることです。それにより、グリーンだけでなくホール全体の景色も大きく見えてきます。

スイングをしっかり、リラックスをするだけでグリーンオンの可能性は大きく上がります。