雨の日のゴルフコースについて

天候の変化は自然の中で行うゴルフでは仕方のない事ですが、雨の日に行うゴルフは雨の日の準備やルールをしっかり行う事が肝要です。

雨の日に必要なものと言えば、レインウェアや防水性のたいシューズやタオル、グローブなどです。

ゴルフ場に傘は用意されている場合があります。ショットの時に滑らないようにグローブを用意しておく事で柔軟性がありフィット感も良くオススメです。

雨の日にゴルフを行う上での工夫として不必要に濡れないように行う事が大事です。

雨が降り気温が下がることでクラブの飛距離は大きく落ちる事もあります。

長時間雨が降るとグリーンは柔らかくなるので、グリーンの硬さや状況の変化なども注意する必要があります。

アプローチなどの痩せるショットではボールをクリーンに打つ事が大切なので、ボールを右足寄りに置いて普段より少しダウンブロー気味にクラブヘッドが入るような打ち方が良いです。

雨の日のゴルフは普段のコースとは環境が異なるので注意が必要です。